ITの技能について

Windows7やWinndows8などが登場し、日々学習していかなければ技術に追いついて行かない方も多くなったことでしょう。
今までできたことがヴァージョンが変わるにつれて、使い方が分からなくなるケースも多くPCの使いこなしがますます難しくなってきています。
ではITの技能習得に向けてどう努力していけばいいのか、知っておいても損はないと思います。

なんでも技術の習得をする場合、技能が知識だけでは身につかないことはだれでもご存じのはず。
では、ITなどのような頭脳スキルではどうすればいいのでしょう。
ITは論理的な仕組みで動いている場合が多く、頭で理解すれば技能の習得も難しくはないはず、などと思ってはみても、やはりスキルは実際に動かしてみることの方が習得は早いと思うのです。

「経験から学べ」などとよく言われます。
経験に勝るものはないのですが、どんな知識も未経験者には全く訳が分からないのですから、役にはたちません。
まずは知識を習得し、技術は実際に機械に触って覚えることから始めるのがよいでしょう。

そしていくら勉強して理論を身に付けても現実に使えるように応用することは、なかなか難しいように、技術者などが技能を身に付けるには理論だけではなく、実際に技術を使うことを通して、そこから先は学習することで補っていくことが必要です。

以前とは違い今は、高性能のPCでコンピュータ機能や体験版ソフトを使用すれば、経験は積むことが可能です。実際に操作をしてみると理解度が上がってくるのが分かるでしょう。

ただ複雑なソフトを理論的な理解なしで操作するのは、なかなか難しくまずはガイドブックなどで勉強し、ある程度おおまかにイメージすることができれば理解も早いというものです。

例えば、旅行などに行きその土地土地のガイドブックがあれば、事前に勉強ができより詳しい案内も、下準備による勉強で理解も早いと言うことが言えます。それと同じです。

いずれにしても、これからもIT業界の技術向上はこれからも進むでしょう。
スキルを上げていく人もいれば、経験を積んで、リーダー的ポジションを目指す方もいるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>